じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道19号 サイトマップ

長野県道19号 伊那辰野停車場線

長野県道19号 伊那辰野停車場線
路線概要
本路線は、伊那市の国道361号中央区交差点を起点とし、天竜川左岸を北上して、箕輪町を通過して辰野町に入り、JR中央線の辰野駅へと至る路線。
天竜川左岸を縦走する道路の一部を構成する。
路線情報 (※…平成30年度道路現況によるデータ)
認定 1959/08/01 (S34) 区域決定 1959/08/01 (S34) 道路法該当号 第一号
主要地方道指定 1964/12/28 (S39)  
  路線 区域 (※)
起点 伊那市 伊那市中央4770番の2地先(国道361号・県道18号交点)
終点 辰野停車場 上伊那郡辰野町大字辰野1795番の5地先(辰野駅)
(※) 伊那市 辰野町 箕輪町
実延長[m] 17703.7 5228.3 3690.1 8785.3
改良率[%] 97.5 100.0 100.0 95.2
舗装率[%] 100.0 100.0 100.0 100.0
路線沿革
接続路線
路線風景
([1]〜[32],[34]〜[35]…2013/09/29、[33]…2010/10/11撮影)

起点の中央区交差点[1]。 その名の通り天竜川左岸の中心的な地区であり、国道361号と県道18号に接続しており、住宅や商店などが密集している[2]。

[1] [2]

直線的に北へと延びる道路を進んでゆくと、徐々に建物の密集する程度が低くなってゆき[3]、やがて建物もまばらになってくる[4]。

[3] [4]

その先へ向かうと、部分開通している国道153号の伊那バイパスとの福島南部交差点に着く[5]。 伊那バイパスは、伊那市街地を天竜川左岸に迂回して通過し、駒ケ根市で再び天竜川右岸へと渡って現在の国道に合流する計画となっているようである[6]。

[5] [6]

さらに北上を続けると[7]、やがて箕輪町との境界に至る[8]。

[7] [8]

箕輪町に入ってすぐに県道207号と合流する[9]。

[9]

このあたりは段丘の上を通過しており[10]、左手には箕輪町の中心市街地の様子をみることができる[11]。

[10] [11]

段丘を下って三日町までくると、県道207号は再び西へと分岐する[12]。

[12]

三日町の住宅地内を通過し[13][14]、天竜川沿いに北上する[15]。

[13] [14] [15]

川沿いの道路を進んでゆくと、信号のない交差点へとたどり着く[16]。 県道はこの交差点を右に進むのだが、そのような標識は設置されておらず、箕輪ダムへと向けてここで右折することになる。 直進はこのまま天竜川沿いの道路が続いており、そちらの方が交通量が多い。

[16]

右折後、田圃の中を通過し[17]、再び段丘を上りながら長岡入口交差点で突き当る[18]。 県道はこの交差点を右折してさらに段丘を上ってゆくことになる。

[17] [18]

長岡交差点を右折してさらに段丘を上り[19]、段丘上を進んでゆく[20]。

[19] [20]

その後箕輪ダムへと向かう県道442号との交点を過ぎ[21]、東箕輪の集落を通過する[22]。

[21] [22]

段丘を再び下り平地になったところで、県道206号の起点である宮下交差点に至る。 この交差点で県道19号は右折して進むことになる。 その1の[16]の交差点で県道19号は右折したが、それを右折せずに直進して天竜川沿いに北上すると、この交差点の左側から直線的に県道19号へとつながっている。 県道19号はこの間を段丘上の集落を通過するように迂回する形になっている。 宮下交差点を右折して線形の良い道路を北上する[24]。

[23] [24]

宮下・北小河内の集落を通過して[25][26]、やがて辰野町との境界に到達する[27]。

[25] [26] [27]

辰野町に入ってからも快適な二車線道路が続き樋口・赤羽の集落を通過する[28][29]。

[28] [29]

その後中央道の下をくぐり[30]、辰野東小学校前を通る[31]。

[30] [31]

それからすぐに、県道14号県道50号交点である平出交差点にたどり着く[32]。

[32]

平出交差点を左折してしばらく県道14号と重複して進み、天竜川を渡って本町交差点を右折して県道14号と分岐する[33]。 本町交差点では他に県道187号と交差する。

[33]

平出交差点を右折した後は[34]、そのまま先へと進むと、終点である辰野駅に到着する[35]。

[34] [35]



じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道19号 サイトマップ
最新更新:2019/06/03