じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道14号 サイトマップ

長野県道14号 下諏訪辰野線

長野県道14号 下諏訪辰野線
路線概要
本路線は、諏訪郡下諏訪町の国道20号を起点として、岡谷市役所などの岡谷市の中心部を通過した後、辰野町の国道153号へと至る主要地方道。 諏訪地方と伊那とを結ぶ岡谷街道の一部である。 起点は下諏訪町となっているが、岡谷市の長地交差点までは国道20号と重複しており、下諏訪町内に単独区間はない。
路線情報 (※…平成25年の道路現況によるデータ)
認定 1955/02/03 (S30) 区域決定 道路法該当号 第一号
主要地方道指定 1954/01/20 (S29)  
  路線 区域 (※)
起点 諏訪郡下諏訪町 諏訪郡下諏訪町社字社19番地先(国道20号交点)
終点 上伊那郡辰野町 上伊那郡辰野町大字伊那富3093番の4地先(国道153号交点)
(※) 岡谷市 辰野町
実延長[m] 15551.4 10437.5 5113.9
改良率[%] 100.0 100.0 100.0
舗装率[%] 100.0 100.0 100.0
路線沿革
接続路線
路線風景 (青枠の画像をクリックすると別ウインドで拡大表示)
(2010/10/11撮影)

本路線の認定における起点は下諏訪町となっている。 しかし起点から岡谷市の長地交差点までは国道20号と重複しており、下諏訪町には単独区間は存在しない。 現在は国道20号下諏訪岡谷バイパスと国道142号新和田トンネル有料道路の延伸により、その交点である湖北トンネル南交差点[1]から長地交差点までの区間が県道14号に指定されており実質的起点となっている。 この場所は岡谷市中心からは離れて和田峠へと向かう途上にあるため、標高は高く、道路脇の路地から諏訪湖周辺を見ることもできる。

[1]

湖北トンネルから国道20号に向かって坂道を下ってゆく[2]。 岡谷市はほぼ宅地化がされていて、広い空地や農地をあまり見ることができないが、新しく開発されたためか比較的住宅がまばらな地域である。 その後国道20号との交点である長地交差点[3]へと至る。 県道14号は左の下諏訪方向から国道20号と重複し、長地交差点でこの支線と合流して岡谷市街地へと向かう。

[2] [3]

岡谷市内を長地柴宮[4]、東銀座[5]、銀座[6]と進んでゆく。 この道路は長地から伊那へと通じる岡谷街道であり、古くからある通りである。 「銀座」という地名があることからも、主要な街道であったことと思われる。

[4] [5] [6]

岡谷市役所東交差点[7]まで来ると、近くには市役所や消防署等が建ち、中心部の様子が感じられる。

[7]

市役所を過ぎて岡谷駅方向へと進み[8]、やがて本町交差点[9]となる。 この交差点では県道16号の起点及び県道254号の終点との交点となっている。

[8] [9]

本町の街並み[10]を通り、本町1丁目交差点へ。 この交差点を左折して県道13号を進むとすぐそこは岡谷駅である。

[10] [11]

岡谷駅前を過ぎ、成田町で長野自動車道の岡谷JCTの効果の下をくぐり[12]、天竜川沿いに長細く続く川岸の集落を通過する。 川岸のこのあたりは、道路の改良が済んでそれほど期間の建っていないような新しさが見られる[13]。 この撮影位置の前にはツツジで有名な鶴峯公園があり、季節には道路脇まで色鮮やかなツツジを見ることができる。

[12] [13]

天竜川沿いの道路を右岸から左岸へと越え、さらに線路を越えるとすぐに川岸駅前[14]である。

[14]

川沿いに細長く続いた川岸の集落も徐々にさびしくなってゆき、やがて民家の途切れてしばらくすると辰野町境界[15]が見えてくる。 これまで両脇に迫る山の間の道路を通過していたが、辰野町に入ってしばらくすると、前方の視界が開けるようになり、それに伴って住宅が建ち始める[16]。

[15] [16]

平出の集落へと入り[17]、すぐに平出交差点[18]へ着く。 この交差点は本路線の他、県道19号県道50号の三本の主要地方道が交差するポイントである。

[17] [18]

平出交差点を右折して[19]、県道19号と重複しながら辰野駅方面へと向かう。 再び天竜川を越え[20]、その先の本町交差点で県道19号と分岐して左折する。 本町交差点では他に県道187号と交差する。

[19] [20]

本町交差点を左折すると、そこは辰野駅前の商店街。 しかし祝日であるせいなのかどうかはわからないが、多くの商店がシャッターを閉じた状態でありものさびしい。 その後線路を越えて国道153号へと向かう。 道路脇には辰野町警部交番がある。 「警部交番」という名称を珍しいと思ったが、調べてみるととても珍しいというほどのものではなかったようだ。

[21] [22]

その後最後の坂道をのぼってすぐに国道153号へと突き当り[23]、本路線は終点となる。

[23]



じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道14号 サイトマップ
最新更新:2017/02/08