じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道16号 サイトマップ

長野県道16号 岡谷茅野線

長野県道16号 岡谷茅野線
路線概要
本路線は、岡谷市中心部から諏訪湖西岸や諏訪大社上社前を経由して茅野市内の国道20号へ至る主要地方道。 「西街道」と呼ばれ、渋滞しやすい国道20号を避けて、岡谷〜茅野間を結ぶ幹線道路となっている。
路線情報 (※…平成25年の道路現況によるデータ)
認定 1956/03/12 (S31) 区域決定 道路法該当号 第一号
主要地方道指定 1971/06/26 (S46)  
  路線 区域 (※)
起点 岡谷市 岡谷市字分経4870番の1地先(県道14号・県道254号交点)
終点 茅野市 茅野市宮川字中道通4017番の1地先(国道20号交点)
(※) 岡谷市 諏訪市 茅野市
実延長[m] 16779.5 6944.6 8215.2 1619.7
改良率[%] 96.2 100.0 96.0 81.5
舗装率[%] 100.0 100.0 100.0 100.0
路線沿革
接続路線
路線風景 (青枠の画像をクリックすると別ウインドで拡大表示)
(2010/08/28・29撮影)

この路線の起点は岡谷市の中心部である本町交差点[1]であり、この交差点は県道14号と県道254号の終点との交点となっている。 中心地域ということもあり、高層のマンションが建っているのが見える。 起点からは道路は南へと向かい岡谷駅周辺へと近づいてゆき、商業施設などが立ち並んだ中央町[2]を通過する。

[1] [2]

道路は丸山橋を越えて天竜川方面へと下ってゆく[3]が、丸山橋南交差点でいったん右折して岡谷駅南交差点へと向かった後、鋭角に右折するルートとなる。 道路に設置してある案内標識には、県道16号はそのまま直進で、右折は県道185号ということになっており、実際の路線とは異なった表示がされている。 ただそのまま直進した場合でも、数百m先の天竜橋以降は県道16号と指定されているため、車両を誘導するという意味では間違っていないのだろう。

[3]

いったん向かった岡谷駅南交差点から東に向かい、先ほど通った丸山橋の下を通過する[4]。 丸山橋南詰は以前は平面交差であったのだが、周辺の渋滞回避のための丸山橋の改良により立体交差となり、車両が直接行き来できなくなった。 この路線が遠回りとなったのは、このような事情からである。 丸山橋の下には十二支を描いたレリーフが掲げられている[5]。 作者は岡谷市出身であり、近くにはその作者の作品を展示している「イルフ童画館」という施設もある。

[4] [5]

天竜町3丁目交差点を右折して丸山橋周辺を「の」の字に進み、天竜町を通過[6]して天竜川へ架かる釜口橋[7]へと至る。 釜口橋からは諏訪湖に造られた釜口水門が正面に見える。 この釜口水門を起点として天竜川は太平洋へと流れていくことになる。

[6] [7]

天竜川を渡るとこれから先はしばらく諏訪湖沿いの道路となり、まずは湊地区[8]をを通過する。 道路に面して見えるのが岡谷南部中学校。 この地域は諏訪湖の堤防より低い場所を通るため、見通しがよい道路ではあるが車内から諏訪湖はほとんど見えない。 しばらく進んで小田井交差点まで来ると、ようやく道路は堤防と同じ高さとなる[9]。 交差点付近からは対岸の諏訪市街や遠く八ケ岳を見通すことができる。

[8] [9]

左手に諏訪湖を見ながらさらに道を進め小坂交差点[10]へと至り、ここで旧道と新道が分岐する。 道なり直進が新道で、交差点を右に進み旧道へと進む[11]。

[10] [11]

旧道を進み諏訪市の境界を過ぎてすぐに諏訪湖東岸を通過する県道50号と合流し[12]、しばらく県道50号と重複して豊田の集落を通過する。 有賀下村交差点[13]は有賀峠へと向かう旧道であり、この先にある有賀豊田交差点から現在は県道50号が分岐して有賀峠へと向かう。

[12] [13]

県道50号と分岐して真志野[14]・大熊[15]の集落を通過するが、道路脇に続いていた民家は大熊のあたりでいったん途切れる。 [13]〜[15]の画像でわかるが、歩道は側溝上に確保されているだけで、大型車も多数通行する幹線道路としては心もとない。 この様な事情を回避するために、現在バイパスとして新道が整備されている。

[14] [15]

さらに道を進めて神宮寺付近へと至る[16]。 神宮寺は諏訪大社上社の本宮がある場所で、このあたりから境内への参道が延びている。 そしてその先の神宮寺交差点で、国道20号と諏訪大社とを結ぶ県道183号と交差している。 また道路の向かいには諏訪市博物館[17]がある。

[16]
[17]

諏訪大社を通り過ぎて茅野市へと入り[18]、高部交差点を左折して国道20号バイパス方面へと向かい、宮川新井交差点[19]で国道152号と一旦合流する。 かつてはこの先の国道20号との交点である新井交差点が県道16号の終点であったが、国道152号の路線が変更されてその旧道部を編入したため、ここから延伸することとなった。

[18] [19]

重複していた国道152号は安国寺西交差点で杖突峠方面へと分岐し、県道16号はさらに南東へと向かう。 安国寺[20]を過ぎ、宮川を渡る橋の近くに公園が見られる[21]が、ここは御柱の川越しの行われる場所である。

[20] [21]

宮川を渡って300mほどで国道20号との中河原交差点[22]と行きついて終点となる。 [20]〜[22]の区間は、かつては国道152号であった区間である。

[22]



じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道16号 サイトマップ
最新更新:2017/02/14