じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道183号 サイトマップ

長野県道183号 神宮寺諏訪線

長野県道183号 神宮寺諏訪線
路線概要
本路線は、諏訪市中洲の県道16号交点を起点とし、国道20号諏訪バイパスとの交点を経過して、諏訪市四賀の国道20号へと至る一般県道。 甲州街道から諏訪大社上社へ至る参道でもある。
路線情報 (※…平成25年の道路現況によるデータ)
認定 1956/03/12 (S31) 区域決定 道路法該当号 第五号
  路線 区域 (※)
起点 諏訪市大字中洲字神宮寺 諏訪市大字中洲字北町830番の1地先(県道16号交点)
終点 諏訪市大字四賀 諏訪市大字四賀字山ノ免766番の1地先(国道20号交点)
(※) 諏訪市
実延長[m] 2811.9 2811.9
改良率[%] 92.7 92.7
舗装率[%] 100.0 100.0
路線沿革
接続路線
路線風景 (青枠の画像をクリックすると別ウインドで拡大表示)
(2010/10/10撮影)

起点は諏訪大社上社本宮のある神宮寺交差点で、鳥居が建てられている。 写真撮影をした場所は起点から南側から。 こちらは上り方向の一方通行なのだが、本来の表参道へと通じる道となっている。

[1]

起点付近は神社や博物館の他は住宅が多いのですが、密集しているというほどでもない様子[2]。 上金子を先へと進んでゆくと高速道路と交差する[3]。 ちょうどこの付近に公民館があり、この地域の中心的な位置である様だ。

[2] [3]

しばらくして宮川を越えると[4]、その先には国道へと向かって徐々に建物が立ち並んでいく様子がうかがえる。 そして飯島交差点[5]で国道20号諏訪バイパスと接続する。 交差する道路は諏訪ICと諏訪湖とを結ぶ道路であるため、この周辺には商業施設が多く見られる。

[4] [5]

国道20号を過ぎ、ふたたび赤沼・飯島[6]の住宅地域を国道へと向かう。 そして上川を渡る橋に達するとここでも大きな鳥居が建っているのが見えてくる[7]。 この橋の一方は富士見橋といい、見通しが良い天気の時には上川の上流方向に富士山を眺めることができるのだが、残念ながら撮影時には見えなかった。

[6] [7]

鳥居をくぐると目前には国道20号が横切り、先の四賀桑原交差点[8]で終点となる。 後方を振り返ると、鳥居と道路脇の石碑が建っている[9]。 この石碑には「官幣大社諏訪神社参道」という文字が彫り込まれていることが確認できる。

[8] [9]



じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道183号 サイトマップ
最新更新:2017/02/20