じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道188号 上槻木矢ケ崎線 サイトマップ

長野県道188号 上槻木矢ケ崎線

長野県道188号 上槻木矢ケ崎線
路線概要
本路線は、茅野市泉野の上槻木を起点とし、泉野の中心市街を通過して、茅野市本町東の県道192号へと至る路線。
路線情報 (※…平成25年の道路現況によるデータ)
認定 1959/08/01 (S34) 区域決定 1959/08/01 (S34) 道路法該当号 第六号
  路線 区域 (※)
起点 茅野市泉野字上槻木 茅野市豊平字東嶽内古田山7702番のイの30地先
終点 茅野市本町東字矢ケ崎 茅野市ちの字本町東5160番の2地先(県道192号交点)
(※) 茅野市
実延長[m] 8684.0 8684.0
改良率[%] 91.3 91.3
舗装率[%] 100.0 100.0
路線沿革
接続路線
路線風景 (青枠の画像をクリックすると別ウインドで拡大表示)
(2013/08/24撮影)

起点付近[1]。 この路線は突き当り路線であり、起点付近からしばらくはセンターラインのない道路が続く[2]。

[1] [2]

やがて上槻木の集落を通過し[3]、エコーラインの下をくぐり[4]、泉野小学校前を通る[5]。

[3] [4] [5]

泉野の中心部をそのまま抜けると[6]、やがて一旦民家が途切れる[7]。

[6] [7]

その後大泉交差点で県道17号と交差し[8]、さらに道路を下ってゆく[9]。

[8] [9]

再び集落の中へと入り、中沢交差点に至る[10]。 案内標識を見ると右折方向にパッチが当てられているのがわかる。 多留姫大橋のパイパスができる前の県道17号は、この中沢交差点まで来た後しばらく県道188号と重複して、先ほどの大泉山交差点で分岐するという路線であった。 その後旧道が県道17号の指定を外れたので、それを示す標識を隠しているのがこの標識である。

[10]

田道公民館前を通過し[11]、さらに下ってゆく[12]。

[11] [12]

やがて県道196号の起点である神の原交差点に着く[13]。

[13]

さらに先に進むと、市役所などの中心市街地が遠方にみえるようになり[14]、粟沢橋を渡って[15]粟沢橋交差点で県道192号に至り終点となる。

[14] [15]



じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道188号 サイトマップ
最新更新:2017/02/24