じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道38号 サイトマップ

長野県道38号 飯山野沢温泉線

長野県道38号 飯山野沢温泉線
路線概要
本路線は、飯山市の県道97号飯山北交差点を起点として国道117号を越えて千曲川を渡って東に向かい、木島平村を通過して北上して、再び飯山市を通過してから野沢温泉村の横落交差点へ至る路線。
路線情報 (※…平成30年の道路現況によるデータ)
認定 1920/04/01 (T09) 区域決定 不明 道路法該当号 第一号
主要地方道指定 1964/12/28 (S39)  
  路線 区域 (※)
起点 飯山市 飯山市南町13番の6地先(県道97号交点)
終点 下高井郡野沢温泉村 下高井郡野沢温泉村大字豊郷字湯沢9785番の1地先
県道353号交点
(※) 飯山市 木島平村 野沢温泉村          
実延長[m] 14900.6 9290.6 3149.1 2460.9          
改良率[%] 100.0 100.0 100.0 100.0          
舗装率[%] 100.0 100.0 100.0 100.0          
路線沿革
接続路線
路線風景
(2020/10/11撮影)

起点の県道97号飯山駅北交差点[1]。 この交差点を南に向かう[2]。

[1] [2]

北陸新幹線飯山駅前からその線路の下を通過する[3]。 道なりに左に曲がって東に向かい、県道96号の起点との交点である飯山駅南交差点を通る[4]。

[3] [4]

飯山駅南交差点から200mほど先の新町交差点で国道117号と交差し[5]、その先綱切橋で千曲川を渡る。 この交差点脇には「飯山藩處刑場跡」の石碑が残されていた。

[5]

綱切橋を渡ると突き当り、綱切橋東交差点を野沢温泉方面へ左折する[5]。 この橋のたもとに、橋の名前の由来の石版がはめ込まれている。

[6]

千曲川沿いを北に向かい[7]、途中で道なり右に曲がる[8]。 青看板の直進方向の行き先が隠されているが、かつてあった長野電鉄の旧木島駅に向かっていた。

[7] [8]

田んぼの中を進み[9]、蛭川橋交差点で国道403号と交差する[10]。 この交差点付近で飯山市と木島平村は交錯するのだが、ここにはカントリーサインが設置されていない。

[9] [10]

さらに田んぼの中を進み[11]、やや上り坂にさしかかったところで木島平村との境界となる[12]。

[11] [12]

木島平村の中心集落に入り、中村交差点で県道354号と合流する[13]。 本路線はこの交差点を左折する。

[13]

集落内を北へ向かい[14]、再び飯山市に入る[15]。

[14] [15]

千曲川右岸の飯山市域を北上する[16][17]。

[16] [17]

その先県道419号の起点である関沢交差点を通過する[18]。

[18]

さらに北へ進み[19]、県道410号の起点の小菅北竜湖入口交差点を通る[20]。

[19] [20]

野沢温泉村に向かって徐々に上り坂となり[21]、登坂車線が続く[22]。

[21] [22]

峠を越えると野沢温泉村の集落が見えるようになり[23]、やがて境界に至る[24]。

[23] [24]

野沢温泉村の集落に入り[25]、徐々に民家も増えてくる[26]。

[25] [26]

スキー場に近づいていくとやがて民宿が建ち並ぶようになり[27]、横落交差点で終点となる[28]。

[27] [28]



じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道38号 サイトマップ
最新更新:2021/03/15