じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道199号 サイトマップ

長野県道199号 八島高原線

長野県道199号 八島高原線
路線概要
本路線は、八ケ岳中信高原国定公園内にある八島高原を起点として、下諏訪町の国道142号へと至る路線。 起点から路線途中の営林署屯所附近までの区間は車幅1.7m以下に制限されており、また冬季閉鎖となっている。 国道142号に面する斜面では、御柱祭の木落としが行われる。
路線情報 (※…平成25年の道路現況によるデータ)
認定 1972/09/11 (S47) 区域決定 1973/10/18 (S48) 道路法該当号
  路線 区域 (※)
起点 八ケ岳中信高原国定公園 諏訪郡下諏訪町字東俣10618番の1地先(県道194号交点)
終点 諏訪郡下諏訪町町屋敷 諏訪郡下諏訪町字町屋敷2320番の2地先(国道142号交点)
(※) 下諏訪町
実延長[m] 9748.4 9748.4
改良率[%] 16.4 16.4
舗装率[%] 70.7 70.7
路線沿革
接続路線
路線風景 (青枠の画像をクリックすると別ウインドで拡大表示)
(2006/11/25撮影)

起点から見た様子[1]。 八島湿原のあるこの起点には八島山荘があり、観光用の駐車場も整備されている。 ここから西側には展望が開けており、天気が良ければ北アルプスから御岳山まで見渡すことができる。

[1]

駐車場脇の道路から山間部へと通る道路の入り口にはポールが立てられていて車幅の制限が行われている[2]。 幅員の狭い道路が続き、法面の一部が崩れている個所もみられる[3]。

[2] [3]

引き続き幅員の狭い道が続くが[4]、一部視界の開ける場所もある[5]。 道路を下ってやがて幅員制限が終了する地点へと到着する[6]。

[4] [5] [6]

車幅制限がなくなっても、幅員の狭い道路はしばらく続く[7]。 林間を抜けて視界が広がった場所で後ろを振り返ってみる。 後方の山には先ほど通ってきた道路が見える[8]。 しばらくして道路の広がった場所へ行きつく[9]。 ここは営林署の屯所がある場所で、諏訪大社の御柱祭の御柱が一時おかれる場所でもある。

[7] [8] [9]

さらに幅員の狭い道路を通り[10]、やがて前方に民家が見えるようになり[11]、集落へとたどり着く[12]。

[10] [11] [12]

国道142号へと近づき、やがて国道へと面した場所に御柱祭の木落とし坂が見えてくる[13]。 坂の上には木落し坂であることを示す御柱などが設置されている。 坂を上から見ると、結構な急斜面であることがわかる。

[13]

木落とし坂を過ぎるとすぐに国道142号へ合流して終点となる[14]。 国道142号から木落とし坂を見上げたのが[15]である。

[14] [15]



じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道199号 サイトマップ
最新更新:2017/03/02