じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道191号 渋ノ湯堀線 サイトマップ

長野県道191号 渋ノ湯堀線

長野県道191号 渋ノ湯堀線
路線概要
本路線は、八ケ岳中腹の渋ノ湯を起点とし、奥蓼科を経由して茅野市堀の国道152号堀交差点へと至る一般県道。 愛称として「湯みち街道」と名付けられている。
路線情報 (※…平成25年の道路現況によるデータ)
認定 1959/08/01 区域決定 1959/08/01 道路法該当号 第六号
  路線 区域 (※)
起点 茅野市北山字渋ノ湯 茅野市北山冷山5520番の3地先
終点 茅野市湖東字堀 茅野市湖東字細田7889番地先(国道152号交点)
(※) 茅野市
実延長[m] 13337.2 13337.2
改良率[%] 92.4 92.4
舗装率[%] 100.0 100.0
路線沿革
接続路線
路線風景 (青枠の画像をクリックすると別ウインドで拡大表示)
(2010/12/05撮影)

起点の渋ノ湯にある八ケ岳登山のベースともなる渋御殿湯[1]。 ここにはバス停が見られる。 実際に渋ノ湯に向かう途中でバスとすれ違ったことから、現在でもここに至る交通機関として存在しているようだ。

[1]

起点からの風景[2]。 前日の雪が残る。 起点から900mほど、道幅は1.5車線程度であり、バスとのすれ違いは困難な個所もある。 起点の道路脇には愛称を示す看板が建てられているが、県道の起終点とは逆になっている。

[2]

しばらく進むと二車線に整備された道路となり[3]、この辺りまで下ってくると道路の雪たいぶ少なくなってきた。 さらに下り視界が開けた場所に至ると[4]、そこからは御岳や木曽駒ケ岳まで見通すことができる[5]。

[3] [4] [5]

道路の雪もすっかり消えた中、さらに下ってゆく[6]。 集落に近づいてきたあたりで、部分的に供用されている県道484号と交差する[7]。

[6] [7]

最初の集落である笹原を通過し[8]、須栗平を抜ける[9]。

[8] [9]

八ケ岳中腹の森林地帯を抜け、山麓の田園を貫くエコーラインと交差する[10]。 振り返ると、山頂付近が雪で白くなった八ケ岳をみることができる。

[10]

湖東の集落を通過して[11]、終点付近に至り[12]、前方に見える交差点を右折して国道152号方面へと向かう。 湯みち街道はここを起点して渋ノ湯へと向かう。

[11] [12]

わずかな距離を進むとすぐに国道152号へと突き当り、終点となる[13]。 [14]は国道152号の案内標識である。

[13] [14]



じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道191号 サイトマップ
最新更新:2017/02/24