じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道189号 中新田富士見線 サイトマップ

長野県道189号 中新田富士見線

長野県道189号 中新田富士見線
路線概要
本路線は、原村中新田の県道17号から富士見町中心部付近を通過した後、国道20号の富士見町交番前へと至る一般県道。
路線情報 (※…平成25年の道路現況によるデータ)
認定 1959/08/01 (S34) 区域決定 1959/08/01 (S34) 道路法該当号 第六号
  路線 区域 (※)
起点 諏訪郡原村中新田 諏訪郡原村字入赤羽子風除15739番の2地先(県道17号交点)
終点 諏訪郡富士見町 諏訪郡富士見町富士見3399番の2地先(国道20号交点)
(※) 富士見町 原村
実延長[m] 3952.7 3086.5 866.2
改良率[%] 97.9 97.3 100.0
舗装率[%] 100.0 100.0 100.0
路線沿革
接続路線
路線風景 (青枠の画像をクリックすると別ウインドで拡大表示)
(2010/10/10撮影)

県道17号を茅野方面へと向かう途中の起点付近[1]。 韮崎方面の案内標識は小ぶりのものが設置されているが、こちら向きには立派な標識が設置されており、国道20号方面へと向かうことが表示されている。

[1]

起点付近から見通しの良い田畑の中を通過する[2]。 先に進んでも、富士見町との境界付近に蕎麦屋などが見られる[3]が、途中には民家などは少なく、快適な走行ができる。 この辺りでは、左手に遠く富士山が見えることもある。

[2] [3]

富士見町に入ってやや建物は増えてきたようにも見えるが、それ程風景や道路状況は変わらず、民家のまばらな田畑の中をどんどんと下って行く[4]。 右手には入笠山の富士見パノラマスキー場のゲレンデが正面に見える。

[4]

さらに坂を下って行き、富士見町の中心市街に近づくと道路脇まで林が広がるようになり[5]、やがて住宅が増えてくる[6]。 しかしこの路線は富士見町の中心市街の西側をかすめるように通過しているため、常にこのような風景が続く路線である。

[5] [6]

富士見高校の前を通過し、中央本線の上を横切り[7]、最後の急坂を下ると、目前には国道20号が通過しており、突き当って終点となる[8]。

[7]
[8]



じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道189号 サイトマップ
最新更新:2017/02/24