じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道46号 サイトマップ

長野県道46号 阿南根羽線

長野県道46号 阿南根羽線
路線概要
本路線は、阿南町西條の国道151号を起点として西へ向かい、売木村の中心地域を通過して根羽村に入り県道10号に至る路線。
認定当初の名称は根羽阿南線だったが、主要地方道に指定される際に阿南根羽線とされたため、路線名が変更された。
路線情報 (※…平成30年の道路現況によるデータ)
認定 1964/03/26 (S39) 区域決定 1964/07/06 (S39) 道路法該当号 第一号
主要地方道指定 1976/04/01 (S51)  
  路線 区域 (※)
起点 下伊那郡阿南町 下伊那郡阿南町字西條1768番の16地先(国道151号交点、県道243号重複)
終点 下伊那郡根羽村 下伊那郡根羽村1799番の2地先(県道10号交点)
(※) 阿南町 根羽村 売木村          
実延長[m] 34467.6 8677.9 13109.0 12680.7          
改良率[%] 71.3 26.8 87.6 85.0          
舗装率[%] 98.7 100.0 100.0 94.7          
路線沿革
接続路線
路線風景・その1
(2021/08/12撮影)

阿南町の国道151号交点[1]。 国道を南下して、トンネルと橋の手前を右折する。
起点[2]。 もともとバイパスのトンネルと橋ができる前は国道151号だった。 また飯田建設事務所管内の県道には起点と終点を示す補助標識が設置されている。

[1] [2]

起点からすぐにY字路を右に進む[3]。 青看板の行き先の浪合は県道46号ではなく、さらに分岐する県道243号の行き先である。 もともと国道だった区間は二車線だったが、分岐すると幅員の狭い道路となる[4]。

[3] [4]

川を渡ってすぐに左折する[5]。 しかしこの左折は鋭角で直接曲がることができないので、一旦右の道路を通って迂回して左折するように標識が設置されている。

[5]

左折してすぐ、落石の恐れありの標識が設置されている[6]。 その通り、片側が崖の区間が続く[7]。

[6] [7]

やや開けた場所にのぼりが建てられていて、人の気配を感じさせる[8]。 途中、鮎釣りの漁業権のためにあると思われる家がぽつんと建っている[9]。

[8] [9]

再び山間の狭い道を通り[10]、売木村に入る[11]。

[10] [11]

売木村に入ってもしばらくは幅員の狭い道路が続くが[12]、やがて路面は荒れているものの二車線道路になる[13]。

[12] [13]

先に進むと売木村の集落が見られるようになり[14]、平坦な線形のよい道路になっていく[15]。

[14] [15]

売木村の中心部で旧国道418号に突き当たり、この交差点を左折する[16]。

[16]

左折してすぐに売木交差点で国道418号に接続する[17]。 本路線はこの交差点を右折して、国道と重複する。

[17]

国道418号と500mほど重複した後、その先の交差点で左折して分岐する[18]。

[18]

県道46号の単独区間となり[19]、民家の点在する中を西に向かう[20]。

[19] [20]

民家も少なくなり[21]、やがて山間を通るようになるが、線形のよい道路が続く[22]。

[21] [22]

売木峠に向けて徐々に坂道を上り[23]、売木峠で根羽村に入る[24]。

[23] [24]

峠を越えて、今度は坂道を下って行く[25][26]。

[25] [26]

途中の集落を抜け[27]、道路脇に畑なども見られるようになる[28]。

[27] [28]

さらに西に進み[29]、根羽村の中心集落にたどり着く[30]。

[29] [30]

そしてすぐに県道10号と接続して終点となる[31]。

[31]



じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道46号 サイトマップ
最新更新:2022/05/18