じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道33号 サイトマップ

長野県道33号 白馬美麻線

長野県道33号 白馬美麻線
路線概要
本路線は北安曇郡白馬村の国道148号を起点として南に向かって大町市に入り、大町市美麻の県道31号へ至る路線。 長野五輪の長野会場と白馬会場を結ぶ動脈として整備された。
路線情報 (※…平成30年の道路現況によるデータ)
認定 1959/08/01 (S34) 区域決定 1959/08/01 (S34) 道路法該当号 第六号
主要地方道指定 1993/05/01 (H05)  
  路線 区域 (※)
起点 北安曇郡白馬村大字神城 北安曇郡白馬村大字神城23321番の1地先(国道148号交点)
終点 大町市美麻 大町市美麻青具17411番の1地先(県道31号交点)
(※) 大町市 白馬村            
実延長[m] 9596.8 3775.9 5820.9            
改良率[%] 100.0 100.0 100.0            
舗装率[%] 100.0 100.0 100.0            
路線沿革
接続路線
路線風景
(2020/04/06撮影)

白馬村の国道148号との立体交差よりもやや北側の交差点[1]。 特に交差点名はない。

[1]

すぐに五輪で整備された道路と交差して、飯森陸橋北交差点を左折する[2]。 この交差点の右折方向が長野五輪の白馬会場となっている。 交差点の向こうには白馬五竜スキー場のゲレンデが見える。

[2]

飯森陸橋を越えて[3]、姫川沿いに南下する[4]。

[3] [4]

散在する集落内を通過し[5]、徐々に坂を上り[6]、大町市との境界を過ぎる[7]。 ここのカントリーサインは県道では唯一のイラスト・標高入りタイプであり、オリンピックのために国道に準ずる整備されたことをうかがい知ることができる。

[5] [6] [7]

終点に向かって下っていく[8][9]。 民家はほとんど見られないが、五輪で整備された線形の良い二車線が延びる。

[8] [9]

終点手前で県道324号との交点を過ぎる[10]。

[10]

そしてすぐに青具交差点で県道31号に接続して終点となる[11]。 長野市方面にはこのまま直進することになる。

[11]



じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道33号 サイトマップ
最新更新:2020/07/30