じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道4号 サイトマップ

長野県道4号 真田東部線

長野県道4号 真田東部線
路線概要
本路線は、上田市真田町長の国道144号横沢交差点を起点として山の中腹部を南下して、東御市に入り、東部湯の丸IC付近を通過した後、東御市滋野乙の国道18号菅平入口交差点に至る路線。 国道144号を群馬県方面から来て小諸市方面へ抜ける道路となっている。
本路線の認定時は合併前で、起点が真田町で旧上田市を通過して、東部町が終点であり、合併後に名称の変更はされていない。
路線情報 (※…平成30年の道路現況によるデータ)
認定 1968/06/17 (S43) 区域決定 1970/08/17 (S45)
1983/03/17 (S58)
道路法該当号 第六号
主要地方道指定 1993/05/11 (H05)  
  路線 区域 (※)
起点 上田市真田町 上田市真田町長字大流2322番の1地先(国道144号交点)
終点 東御市 東御市滋野乙字牧野2229番の1地先(国道18号交点)
(※) 上田市 東御市            
実延長[m] 16709.0 10009.8 6699.2            
改良率[%] 100.0 100.0 100.0            
舗装率[%] 100.0 100.0 100.0            
路線沿革
接続路線
路線風景
(2020/02/25撮影)

国道144号の横沢交差点[1]。 国道を群馬県方面に向かってここを右折する。

[1]

起点直後はセンターラインのない道路だが[2]、すぐに二車線になり、国道と並行して山の中腹を南へ向かう[3]。

[2] [3]

なおもしばらくは山の中腹を進む[4]。 途中、真田氏山城跡の近くを通過する[5]。

[4] [5]

さらに南に向かい、県道35号との交差点に至る[6]。 標識にもあるように、この付近には真田氏に関係がある場所が多い。

[6]

特に住居も見えず、なおま中腹を通過する[7]。 やがて東御市との境界に至る[8]。

[7] [8]

東御市に入って視界が開け[9]、徐々に坂道を下り、上信越道と並行する[10]。

[9] [10]

東部湯の丸IC付近で住宅街を通過するようになり[11]、すぐに県道81号との交差点につく[12]。

[11] [12]

上信越道の下をくぐり[13]、さらに国道に向けて坂を下っていく[14]。

[13] [14]

そして菅平入口交差点で国道18号に突き当り、終点となる[15]。

[15]



じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道4号 サイトマップ
最新更新:2020/05/16