じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道305号 サイトマップ

長野県道305号 床尾大門線

長野県道305号 床尾大門線
路線概要
本路線は塩尻市床尾の国道19号を起点として、塩尻市街の南側を通過して、同市大門の国道153号に至る路線。 かつての国道19号、さらには中山道であった。
路線情報 (※…平成25年の道路現況によるデータ)
認定 1968/06/17 (S43) 区域決定 1968/08/01 (S43) 道路法該当号 第六号
  路線 区域 (※)
起点 塩尻市字床尾 塩尻市大字宗賀字床尾1168番地先 (国道19号交点)
終点 塩尻市字大門 塩尻市大字大門34番の1地先 (国道153号・県道301号交点)
(※) 塩尻市              
実延長[m] 2959.5 2959.5              
改良率[%] 100.0 100.0              
舗装率[%] 100.0 100.0              
路線沿革
接続路線
路線風景 (青枠の画像をクリックすると別ウインドで拡大表示)
(2014/05/06撮影)

起点である国道19号の中仙道一里塚交差点[1]。 国道には県道を示す青看板は設置されていないが、交差点にそとばが設置されている。

[1]

本路線はセンターラインのない1.5車線道路であり[2]、中央本線(西線)の踏切を超え[3]、ブドウ棚の広がる農地の間を通り抜けて行く[4]。

[2] [3] [4]

途中には平出遺跡の入口[5]や、中山道の平出一里塚[6]が見られる。

[5] [6]

やがて工場脇を通過しながら[7]、徐々に市街地の中を通るようになってゆく[8]。

[7] [8]

その後中央本線(東線)のガードをくぐり抜けると[9]、道路の両側には住宅が建ち並ぶようになる[10]。

[9] [10]

そのまま進んでゆくと国道153号の下大門交差点へとたどり着き終点となる[11]。 国道には平出遺跡へ向かう道路とされているが、県道である表示はされていない。

[11] [12]



じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道305号 サイトマップ
最新更新:2017/03/03