じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道68号 サイトマップ

長野県道68号 梓山海ノ口線

長野県道68号 梓山海ノ口線
路線概要
本路線は、南佐久郡川上村の東にある梓山から千曲川に沿って西へ向かい、南牧村海ノ口の国道141号に至る路線。 川上村の中心を通る。
路線情報 (※…平成25年の道路現況によるデータ)
認定 1959/08/01 (S34) 区域決定 1959/08/01 (S34) 道路法該当号 第五号
主要地方道指定 1982/04/01 (S57)  
  路線 区域 (※)
起点 南佐久郡川上村梓山 南佐久郡川上村大字梓山143番地先
終点 南佐久郡南牧村 南佐久郡南牧村大字海ノ口字中之条2030番の15地先
(国道141号交点)
(※) 川上村 南牧村            
実延長[m] 21551.1 15609.1 5942.0            
改良率[%] 100.0 100.0 100.0            
舗装率[%] 100.0 100.0 100.0            
路線沿革
接続路線
路線風景・その1 (青枠の画像をクリックすると別ウインドで拡大表示)
(2015/07/19撮影)

起点の川上村梓山[1]。 その東側へと向かう道路の標識を見ると[2]、右へ行くと千曲川源流で行き止まりとなり、左へ行くと中津川林道で三国峠を越えて最終的に秩父に行くことができることになっている。 長野県と埼玉県が接しているということはあまり知られていないことかもしれませんが、この道が直接埼玉県へと行くことのできる唯一の道路です。 ただし中津川林道は悪路として有名ではありますが。

[1] [2]

起点から二車線道路が続き、秋山地区に入る[3]。 川に迫る山の脇を通るが[4]、道路からはこの路線と千曲川に挟まれた平地に民家が集まっている様子が見られる。 遠く中央付近に特に盛り上がって見える山は天狗山と呼ばれている

[3] [4]

断続的に連なる集落を結んで進む[5][6]。 ここで見られるヘキサのように、この路線では頭に「0」が付いた三桁の番号が表記されている。 このような表記は長野県ではこの路線でしか存在しない。

[5] [6]

千曲川を左岸から右岸に渡る[7]。 千曲川は新潟県に入って信濃川と名を変えて日本海にそそぐ日本一長い川だが、源流に近い川上村ではまだこのようにどこにでもある川の様子が見られる。

[7]

さらに西に進み、大深山地区を通る[8][9]。

[8] [9]

そしてしばらくすると、川上村役場の前を通る[10]。 役場は道路に直接面しているわけではなく、少し奥に入った位置にある。

[10]

さらに進むと県道2号との交点に至る[11]。

[11]

再び千曲川の左岸に渡り[12]、さらに西へと進む[13]。 川上村はレタスの生産地として知られており、道路脇にはそのレタス畑が広がっているのが見られる。

[12] [13]

原地区の中心的な郵便局や、小学校の前を通過する[14]。

[14]

そして県道106号との交点を通過する[15]。 この県道106号の突き当たりに設置されている案内標識のヘキサにも頭に「0」が付いた三桁表示になっている。

[15]

その2



じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道68号 サイトマップ
最新更新:2017/02/19