じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道63号 サイトマップ

長野県道63号 松本塩尻線

長野県道63号 松本塩尻線
路線概要
本路線は、松本市中心部の深志二丁目交差点を起点として、市街地を東へと向かったあと中山、内田などの東山中腹を通過して塩尻市に入り、塩尻市大門の国道153号へと至る主要地方道。 交通量の多い国道19号を避けて、松本市中心部と塩尻市中心部とを結ぶ。
路線情報 (※…平成25年の道路現況によるデータ)
認定 1982/09/31 (S57) 区域決定 1982/09/31 (S57) 道路法該当号 第一号
主要地方道指定 1982/04/01 (S57)  
  路線 区域 (※)
起点 松本市 松本市南深志48番の15地先(国道143号・県道23号交点)
終点 塩尻市 塩尻市大字大門73番の13地先(国道153号交点)
(※) 松本市 塩尻市
実延長[m] 16765.2 10976.1 5789.1
改良率[%] 93.4 94.7 90.9
舗装率[%] 100.0 100.0 100.0
路線沿革
接続路線
路線風景・その1 (青枠の画像をクリックすると別ウインドで拡大表示)
([1]〜[10]…2011/01/06,[11]〜[19]…2014/05/06撮影)

起点の深志二丁目交差点[1]。 駅前からこの交差点までの県道23号の終点に直結して東へと向かい、飯田町交差点を過ぎる[2]。

[1] [2]

起点からしばらくは国道143号と重複するが、市民芸術館西交差点で国道は左折するため、ここから単独区間となる[3]。 さらに東へ進んで松本市美術館付近[4]。 市街地が続いているが、駅前の雰囲気とは変わってきているのがわかる。

[3] [4]

あがたの森公園交差点で突き当たってあがたの森通りは終わり、県道はここで右折する[5]。 突き当った先にあるのがあがたの森公園で、旧松本高校であったところ。 園内には木造の本館や講堂が残されており、これらの建物は重要文化財となっている。

[5]

ここから道路は南へと向い[6]、筑摩橋を渡って筑摩神社に突き当り、左折する[7]。

[6] [7]

薄川沿いを少し通り[8]、次の交差点を道なりに右折して筑摩の住宅地の中を通過する[9]。

[8] [9]

開成中学北交差点まで来ると、これまで切れ目なく続いていた住宅地もいったん途切れる[10]、中山地区に入って東山中腹を目指して上り坂となる。

[10] [11]

上り坂になっても道路の両脇には民家が立ち並び[12]、さらに急な坂道を進むことになる[13]。

[12] [13]

中山地区の中心的な地域に入り、県道287号の起点となる中山小南交差点を通過する[14]。

[14]

徐々に平らかな道路となり[15]、本路線の最高点付近に至る[16]。 ここの周辺は畑が広がる視界の良い場所であり、眼下には松本平が、遠くは北アルプスの山々を見渡すことができるが、この日は曇っていたために北アルプスを見ることはできなかった。

[15] [16]

最高点を過ぎて今度は下り坂となり[17]、道路脇には民家が散在している[18]。

[17] [18]

内田地区に入ると、長野道へ向かう標識のある交差点へと着く[19]。 左折する道路は市道東山山麓線と呼ばれる道路で、本路線の集落を迂回して国道20号の塩尻インター方面へ行くことができ、諏訪方面から松本市街へと向かう際によく利用されている道路である。

[19]

その2



じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道63号 サイトマップ
最新更新:2017/02/18