じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道40号 サイトマップ

長野県道40号 諏訪白樺湖小諸線

長野県道40号 諏訪白樺湖小諸線
路線概要
本路線は、諏訪市元町の国道20号を起点とし、霧ケ峰、車山、白樺湖、蓼科などの八ケ岳中信高原国定公園を通過した後、立科町、東御市(旧北御牧村)を経由して小諸市与良町の国道141号へと至る主要地方道。 実延長80km弱は、長野県で最も長い県道である。
路線情報 (※…平成25年の道路現況によるデータ)
認定 1976/10/14 (S51) 区域決定 1976/10/14 (S51) 道路法該当号 第一号
主要地方道指定 1976/04/01 (S51)  
  路線 区域 (※)
起点 諏訪市 諏訪市元町4263番の1地先(国道20号交点)
終点 小諸市 小諸市大字加増1916番の2地先(国道141号交点)
(※) 諏訪市 小諸市 茅野市 東御市 立科町
実延長[m] 79209.1 20211.5 6140.9 6820.7 5443.5 40592.5
改良率[%] 94.6 94.6 70.7 100.0 86.7 98.4
舗装率[%] 100.0 100.0 100.0 100.0 100.0 100.0
路線沿革
接続路線
路線風景・その1 (青枠の画像をクリックすると別ウインドで拡大表示)
(2010/11/06撮影)

起点である国道20号の元町交差点[1]。 起点からすでに霧ケ峰方面へと向かう坂道[2]であり、その両脇には住宅が広がっている。

[1] [2]

坂道を登り諏訪二葉高前を過ぎ[3]、さらに高台の住宅地の中を通る[4]。 そして山の神バス停付近で現在の道路から左にそれて立石高遠方面へと向かう[5]。 霧ケ峰方面へと向かうには、ここで左にそれずに真っすぐ角間新田の住宅地を抜けたほうが近いのであるが、県道は遠回りのルートを通る。

[3] [4] [5]

高台の住宅の中をしばらく通り、立石公園へとたどり着く[6]。 この公園からは諏訪湖全体が見渡すことができ[7]、毎年8/15に行われる諏訪湖祭りの花火大会の撮影ポイントとなっている。

[6] [7]

立石公園を過ぎて寂しい林の中を上ってゆくが、そこで突然斜面に建設された高層マンションが現れる[8]。 どれだけの居住者がいるかはわからないが、諏訪湖の見える景色の良いリゾートマンションとして売り出しているのだろうか。 その後も林を通り抜け[9]、先ほど分岐して角間新田を通過した市道と合流する[10]。 県道であるこちら側が一旦停止であり、あくまでも市道がメインのルートということなのであろう。

[8] [9] [10]

諏訪市の丘陵部の住宅地も終わり、本格的な山間部の道路となる。 その途上にある「蓼の海」[11]。 もちろん一般的な「海」ではないのだが、長野県内には「湖」を「海」と呼んでいると思われる地名が見られ、これもその一つなのであろう。

[11]

徐々に周辺に高い地形が見えなくなり、だんだんと頂上に近づいている雰囲気が感じられ[12]、やがて霧ケ峰の看板が設置された場所[13]へと到達する。 この看板の向こうには木々がほとんど見えなくなり、高原の景色が目に入ってくる。

[12] [13]

高原部へと入り完全に視界が開けると、まず霧ケ峰スキー場のゲレンデの前を通過する[14]。 その後すぐに霧ケ峰へと至る[15]。 ここから直線で白樺湖方面へ、左折すると美ケ原高原へと向かう観光道路の交差点となっている。 これらの道路はビーナスラインと呼ばれている。

[14] [15]

[16]はこの交差点にあるドライブインで、「霧の駅」という名前が掲げられている。 道の駅になぞらえて「○○の駅」という施設は他でも見られるが、ここは霧ケ峰の霧がその名に使われている。 一方道路の右側を見ると一機のグライダーが滑空している。 霧ケ峰は国内のグライダー発祥の地であるらしく、現在でもグライダーで上空を遊覧することができるようだ。

[16]

霧ケ峰の山というよりも丘を左手にして[17]、ビーナスラインを進む。 夏場であれば一面緑の、いかにも高原といった風景であるのだが、今回は11月ということで薄野のような茶色い風景が一面を覆っている。 やがて前方にはドライブインがあるのが見えてくる[18]。 ここからは車山湿原が近く、そちらへ向かうためのベースとなっている。

[17] [18]

先ほどのドライブインを通過すると、道路はやがて下り坂となる。 地図を見るとどうやらこの周辺がこの路線の最高ポイントであるようで、標高1800mを越える。 その後やがて茅野市へと入る[19]。
茅野市に入り車山高原が近づいてくる[20]。 道路脇は相変わらずの草原が続いているが、右手下の斜面には複数の山荘やペンションが立ち並ぶのが見える。

[19] [20]

やがて車山高原スキー場[21]の前へと至る。 かつて有料だった頃はここに料金所があったことから、道路の幅が広くなっていてその名残が見られる。 車山を過ぎるて道路脇の展望台からは、蓼科山と白樺湖が見えるようになってくる[22]。

[21] [22]

白樺湖を右手下に見ながら道路を下ってゆくと、久しぶりに信号のある交差点をむかえる[23]。 この交差点はちょうど諏訪(南信)と小県(東信)との境界である大門峠にある交差点であり、交差点脇にはそれを示す柱標が設置されている。 県道40号はこの交差点を右折して、しばらく国道152号と重複して白樺湖方面へと向かうことになる。

[23]

その2



じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道40号 サイトマップ
最新更新:2017/02/18