じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道32号 サイトマップ

長野県道32号 長野停車場線

長野県道32号 長野停車場線
路線概要
本路線は長野駅を起点として駅前から西に進み、中御所北交差点へと至る路線。 ターミナル南通りと呼ばれている。
以前は善光寺参道の一部として指定されていたが、参道が市道に移管されたことに伴い、路線の変更が行なわれた。
路線情報 (※…平成30年度道路現況によるデータ)
認定 1920/04/01 (T09) 区域決定 不明 道路法該当号 第一号
主要地方道指定 1954/01/20 (S29)  
  路線 区域 (※)
起点 長野停車場 長野市大字南長野字石堂東1343番地先(長野駅)
終点 長野市大字中御所 長野市大字中御所字竹原243番の6地先(国道19号交点)
(※) 長野市
実延長[m] 672.2 672.2
改良率[%] 100.0 100.0
舗装率[%] 100.0 100.0
路線沿革
接続路線
路線風景
(2019/06/21撮影)

長野駅[1]。 前回撮影した時と比べると、北陸新幹線延伸で駅舎も大きく様変わりしている。 起点となる長野駅前交差点[2]。 ここより東側を長野大通りといい、本路線である西側をターミナル南通りと言う。 ここに訪れた際にはまだヘキサや青看板は旧路線のままに設置されていた。

[1] [2]

長野駅に隣接するホテルのメトロポリタン長野前のバス停[3]。 この先西へと本路線は続く[4]。

[3] [4]

長野駅周辺のビル街を西に進み[5]、中御所北交差点で国道19号に突き当たって終点となる[6]。 交差点手前にある青看板では左折すると国道19号・国道117号となるように表示されているが、実際には国道117号の起点はここより少し南の中御所交差点であるため、正確な表示ではない。

[5] [6]


(2006/05/06撮影)

起点の長野駅[1]。 長野駅から本路線を見た写真[2]。 本路線の撮影当時、長野駅前交差点には「国宝善光寺参道」というアーチが設置されていたが、現在では撤去されている。

[1] [2]

わずかに進んだ次の末広町交差点[3]。 起点からこの交差点までは県道376号との重複であり、ここで分岐する。 本路線は、末広町交差点を右折して善光寺へと向かって北に進む[4]。

[3] [4]

かるかや山前交差点付近[5]。 道路脇には交差点名の由来となった刈萱山西光寺がある。

[5]

さらに北上して新田町交差点へと突き当って終点となる[6]。 ここからさらに進むと善光寺へと至る。 案内標識にはこの先の道路の部分にパッチがあてられている。 以前は県道399号だったのが路線の変更を受けてその表示が隠させている。

[6]



じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道32号 サイトマップ
最新更新:2019/07/04