じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道23号 サイトマップ

長野県道23号 松本停車場線

長野県道23号 松本停車場線
路線概要
本路線は、JR篠ノ井線の松本駅前交差点を起点として深志二丁目交差点へと至る主要地方道。 松本の駅前通り、別名あがたの森通りの一部。 現在は全線が国道143号と重複しているため、実延長は0kmとなっている。
路線情報 (※…平成25年の道路現況によるデータ)
認定 1920/04/01 (T09) 区域決定 道路法該当号 第五号
主要地方道指定 1976/04/01 (S51)  
  路線 区域 (※)
起点 松本停車場 松本市中央一丁目530番地先(松本駅)
終点 松本市南深志 松本市南深志48番の15地先(国道143号・県道63号交点)
(※) 松本市
実延長[m] 0.0 0.0
改良率[%] 0.0 0.0
舗装率[%] 0.0 0.0
路線沿革
接続路線
路線風景 (青枠の画像をクリックすると別ウインドで拡大表示)
(2011/01/06撮影)

起点の松本駅[1]。 駅前交差点の右方向からの国道143号がここで県道と重複して東へと向かう。

[1] [2]

本路線は駅前の大通りであり、両側には市街地が続く中、国府町附近[3]を過ぎ、そして深志二丁目交差点[4]へと至り終点となる。 この交差点の向こうは国道143号と県道63号の重複区間が続く。

[3] [4]

深志二丁目交差点の南側から交差点方向を見たのが[5]の画像。 ここに設置されている案内標識を見ると、交差点から北へ向かう道路にパッチがあてられている。 その部分を拡大してみると、その下には県道23号のヘキサがうっすらと見える。 以前の国道143号は駅前通りを通っておらず、松本駅の北側の中央一丁目交差点から伊勢町通りをそのまま東へと進み、中央二丁目交差点で一旦北に進んですぐ次の交差点をさらに東へと向かって現在の国道143号に突き当たる、という路線であった。 そのためその当時は本路線は単独区間であり、さらに深志二丁目を左折して国道143号へと接続していたのだが、その時の案内標識の名残が見られるということである。

[5]



じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道23号 サイトマップ
最新更新:2017/02/18