じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道20号 サイトマップ

長野県道20号 開田三岳福島線

長野県道20号 開田三岳福島線
路線概要
本路線は、木曽郡木曽町の開田高原の国道361号を起点とし、同町三岳を経由して同町福島の国道19号を終点とする。 認定当初は開田村、三岳村、木曽福島町の三町村を結んでいたが、平成の大合併で一つの町となった域内を通過する路線となった。
路線情報 (※…平成25年の道路現況によるデータ)
認定 1972/09/11 (S47) 区域決定 1973/07/23 (S48) 道路法該当号 第四号
主要地方道指定 1993/05/11 (H05)  
  路線 区域 (※)
起点 木曽郡木曽町開田高原 木曽郡木曽町開田高原西野4663番の3地先(国道361号交点)
終点 木曽郡木曽町福島 木曽郡木曽町福島元橋3690番の14地先(国道19号交点)
(※) 木曽町
実延長[m] 24141.8 24141.8
改良率[%] 91.6 91.6
舗装率[%] 100.0 100.0
路線沿革
接続路線
路線風景 (青枠の画像をクリックすると別ウインドで拡大表示)
(2007/05/03撮影)

起点の国道361号交点[1]。 起点直後はセンターラインがなく、やや幅員が狭い道路となっている[2]。

[1] [2]

同様の状況で田園の中をなおも通る[3]。 途中では御岳山が間近に見られる[4]。

[3] [4]

二車線に改良されている区間もあるが[5]、幅員が狭く法面の整備が行われている区間ももみられる[6](通過当時)。 その後、旧三岳村との境界に至る[7]。

[5] [6] [7]

旧三岳村内に入っても田園の中を通過する[8]。 やがて御岳山へと向かう御岳ブルーラインの分岐点へと至る。[9]。

[8] [9]

木曽温泉付近を通過し[10]、西野川沿いに木曽川へと向かってどんどんと下ってゆく[11]。

[10] [11]

西野川沿いをさらに下って行き、県道473号との交点へと到達する[12]。 この辺りから集落が見られるようになってくる[13]。

[12] [13]

三岳地区の中心部へと近づくにつれて鄙びた御岳神社や[14]、神々を祀った石碑[15]が見られるようになる。

[14] [15]

やがて御嶽神社里宮に到着する[16]。 道路の反対側には太陽の丘公園がある[17]。 この路線を通過した時期がゴールデンウィークであったのだが、御岳山には残雪があり、公園には桜が咲き、鯉のぼりが見られる時期だった。

[16] [17]

御嶽神社里宮からわずかに下った所に御嶽神社若宮がある[18]。 ただし、これは道路脇にあるのではなく、少し登った場所にあり、まったく人気がみられなかった。 ここには若宮に関する説明の額があったり、武者絵を描いた額が掲げてあったりする。 この武者絵の人物が誰かは明らかにされていないが、木曽氏の守護神とされていることから、木曽義仲ではないかと思われる。

[18]

三岳支所付近[19]、そして三岳地区の中心集落を通過する[20]。

[19] [20]

そしてすぐに王滝村へと向かう県道256号交差点に至る[21]。

[21]

王滝川沿いを下り[22]、道の駅三岳前を通過する[23]。 この辺りまで来ると前方には木曽駒ケ岳が視界に入るようになる[24]。

[22] [23] [24]

そのまま道路を下ってゆくと、旧木曽福島町境界のトンネルを通過し[25]、木曽川を渡ると終点の国道19号交点へと到達する[26]。

[25] [26]



じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道20号 サイトマップ
最新更新:2017/02/14