じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道11号 サイトマップ

長野県道11号 北杜富士見線

長野県道11号 北杜富士見線
路線概要
本路線は、山梨県の北杜市の国道141号から清里、八ケ岳公園、小淵沢などの観光地を経て、長野県で国道20号に至る路線。 山梨県北西部の観光路線でそのほとんどが山梨県内の区域であり、長野県内は終点の国道20号との交点付近の約650mほどである。
路線情報 (※…平成25年の道路現況によるデータ)
認定 1972/09/11 (S47) 区域決定 1973/03/29 (S48) 道路法該当号 第五号
主要地方道指定 1971/06/26 (S46)  
  路線 区域 (※)
起点 山梨県北杜市 諏訪郡富士見町大字落合234番のロ地先(山梨県境)
終点 諏訪郡富士見町 諏訪郡富士見町大字落合69番の1地先(国道20号交点)
(※) 富士見町
実延長[m] 653.5 653.5
改良率[%] 100.0 100.0
舗装率[%] 100.0 100.0
路線沿革
接続路線
路線風景 (青枠の画像をクリックすると別ウインドで拡大表示)
(2010/09/11撮影)

本路線の大半は山梨県内の区域であり、国道20号に達する終点付近のみが長野県内に属する。 小淵沢IC方面から七里岩を下って林間を抜けて視界が開けたあたりが長野県との県境となる[1]。

[1]

県境付近からは国道へ達するまでの残る路線を見渡すことができ、国道20号との交点も視界に入る。

[2]

坂道を下りきるとすぐそこには国道20号との交点である下蔦木交差点となり終点をむかえる[3]。 長野県道としての本路線は特に目立ったものではなく、あくまでも国道と小淵沢IC方面を連絡するための道路である。

[3]



じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道11号 サイトマップ
最新更新:2017/02/14