じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道6号 サイトマップ

長野県道6号 中津川田立線

長野県道6号 中津川田立線
路線概要
本路線は、岐阜県中津川市の国道19号を起点とし、木曽川右岸を通過して木曽郡南木曽町の国道19号へと至る路線。
路線情報 (※…平成25年の道路現況によるデータ)
認定 1959/08/01 (S34) 区域決定 1959/08/01 (S34) 道路法該当号 第五号
主要地方道指定 1982/04/01 (S57)  
  路線 区域 (※)
起点 岐阜県中津川市 木曽郡南木曽町(岐阜県境)
終点 木曽郡南木曽町田立 木曽郡南木曽町(国道19号交点)
(※) 南木曽町
実延長[m] 3316.9 3316.9
改良率[%] 84.0 84.0
舗装率[%] 100.0 100.0
路線沿革
接続路線
路線風景 (青枠の画像をクリックすると別ウインドで拡大表示)
(2006/07/01撮影)

岐阜県境。 センターラインのない道路が続き[1]、国道19号の迂回路線としての機能は十分には果たせないことがわかる。

[1]

南木曽町内を進み[2]、大滝川橋を渡る[3]。

[2] [3]

田立駅付近から国道19号にかけては道路の改良が進み、二車線道路が整備されている[4]。 そのまま木曽川上流へと向かい、国道19号に突き当たって終点に至る。

[4] [5]

国道19号に至る直前に左の脇道へと入る道路がある。 これを進んでゆくと、いまでは利用されていない木曽川に架かる橋が見られる[6]。 この路線は以前は南木曽山口線と言う路線であり、木曽川左岸の中津川市(旧木曽郡山口村)が終点となっていた。 かつてはこの橋を利用して対岸の終点へと渡っていたものとみられる。

[6] 



じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道6号 サイトマップ
最新更新:2017/02/13