じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道2号 サイトマップ

長野県道2号 川上佐久線

長野県道2号 川上佐久線
路線概要
本路線は南佐久郡川上村の県道68号を起点として馬越峠を越えた後に西に向かい、千曲川右岸を北上して佐久市の国道254号に至る路線。 小海町、佐久穂町の集落では幅員が狭い箇所があり、千曲川右岸の主要道路としての機能は低い。
馬越峠は冬季通行止めとなる。
路線情報 (※…平成25年の道路現況によるデータ)
認定 1994/04/01 (H06) 区域決定 1994/04/01 (H06) 道路法該当号 第四号
主要地方道指定 1993/05/11 (H05)  
  路線 区域 (※)
起点 南佐久郡川上村 南佐久郡川上村大字大深山639番の1地先(県道68号交点)
終点 佐久市 佐久市中込二丁目1番の1地先(国道254号・県道193号交点)
(※) 佐久市 小海町 川上村 南相木村 北相木村 佐久穂町    
実延長[m] 40206.1 6210.6 6475.6 6052.6 13341.0 569.7 7556.6    
改良率[%] 78.2 93.7 77.2 65.2 86.2 100.0 60.8    
舗装率[%] 100.0 100.0 100.0 100.0 100.0 100.0 100.0    
路線沿革
接続路線
路線風景・その1 (青枠の画像をクリックすると別ウインドで拡大表示)
(2015/07/19撮影)

起点である川上村の県道68号交点[1]。 起点から馬越峠へ向かって上り坂が始まる。

[1] [2]

起点から二車線の道路が延び[3]、そのまま麓の農地の中を通る[4]。 道路脇にはレタス畑が広がっており、それに使う大型農機が通るために二車線の道路が整備されているものと思われる。

[3] [4]

麓の農地を過ぎると林間を通るようになり[5]、道路の幅員も狭くなっていく[6]。

[5] [6]

やがて南相木村との境界である馬越峠に至る[7]。 峠からは川上村の様子を見降ろすことができる。

[7]

峠のすぐ先は一車線分しかない[8]。 途中にはこの道路の開通を記念する石碑が建てられている[9]。 開通当時は「立原線」という名前だったようである。

[8] [9]

徐々に道路の幅員も広くなっていき[10]、特に県道の表記はないが、途中の三叉路で左に向かう[11]。

[10] [11]

道路は二車線となって徐々に下って行く[12]。 そして大きく左にカーブするところで視界が開けて平地部にやってくる[13]。

[12] [13]

立原の集落を抜けて[14]、川を渡ったところで突き当るのでそこを左折する[15]。

[14] [15]

南相木川沿いに北西へと向かう[16]。 二車線の線形のよい道路が続く。 その途中で、立岩湖の脇を通過する[17]。

[16] [17]

徐々に南相木村の中心部に近づき民家が多く見られるようになり[18]、県道472号との交点に至る[19]。

[18] [19]

すぐに南相木村役場の前を通り[20]、南相木川沿いの集落よりも高台を通過する[21]。 一旦南相木川の左岸に渡り、さらに集落の脇を通る[22]。

[20] [21] [22]

その2



じゃごたろーど  > 路線情報線  > じゃごぺでぃあ  > 長野県道2号 サイトマップ
最新更新:2017/02/12